ホームページへ
 

製品紹介

USB認証キーを用いて、本人以外のPC不正利用を防止。情報漏洩を防ぎます。PCのセキュリティ向上施策としてWindoos認証USBキーを導入することによって、PCへのログイン情報(ログインID、パスワード、ドメイン名)を社員の記憶やメモに委ねる運用を回避し、また、退社後、出社前などの不在時や離籍時のPCの不正ログイン、不正操作を防止することが可能です。

USBキーを抜き刺しでWindowsログオン機能、ログ収集が実現でき、1本のキー〜数万本のキーまで対応したシステムを構築する事も可能です。

特徴

ドライバー不要


ログオン機能

  • PCのユーザ名、パスワード、ドメイン情報を最大5種類保持し自動ログオン
  • USBキーの抜き差しでコンピュータロックの自動開閉、ログオフ
  • ユーザの使用期限設定
  • PINコード入力による2因子認証

シングルサイオン機能

    ログオンが必用な、各種アプリケーション、WebページのID、パスワードやフォームデータを格納し、認証顔面が表示されると自動でサイオンします。利用者がID、パスワードを記憶する必要が有りません。

アクセスコントール機能

    外部記憶装置への書き込み禁止、使用の禁止、HTTPへのアクセス禁止、Mailの禁止など、

    セキュリテーを強化できます。

USBキー管理サーバ、コンソール機能

    USB管理サーバを設置し、PCのキー設定管理、変更、画面キャプチャー、使用ソフトの監視、ログ収集などが実現できます。収集したログは外部にエキスポート可能です。